こんにちは!アウトドアーズ・コンパス スタッフ楠です。

2014年11月に第十二次瀬戸内カヤック横断隊

(実践版シーカヤックアカデミー)へ参加しましたが、

その時のメンバーの中に、

全天候型アウトドアライターのホーボージュンさんがいました。

010.JPG



ジュンさんは瀬戸内カヤック横断隊をどう思ったのか!?

そのことが今月発売されました『WILDERNESS No.4』(エイ出版社)

に掲載されました。



10986643_844267105631713_5354104596970506329_n.jpg



WILDERNESS No.4
¥1,080 (税込)

流れる海と千の島
Beyond the tidal current
文◎ホーボージュン



ホーボージュンさんからの一言。

『カヤックで海を旅することは、広大な海洋について知り、

そこに生きた先達の智恵を掴むことです。

そして同時にそれは、自分自身の可能性について探り、

心の奥底に眠る光をすくい上げることです。

このストーリーは僕にとってはもうひとつの旅であり、

もうひとつの横断隊です。魂込めて書きました。』



僕の横断中の記憶では、

ジュンさんとはよく焚き火の前で

アウトドア道具や料理の話、ビールやモチなど

ハンパない食量の多さについて盛り上がっていたので、

今回の記事が楽しみでした!



本誌の全体的な内容は、

『冒険的な要素の強い内容』ということで、

『挑戦』という言葉がしっくりくる感じです。

また、アドベンチャー的な要素だけでなく、

そこまでに至った経緯、内に秘めた思いなども

感じられると思います。



020.JPG



自然や人間の、面白い写真や綺麗な写真なども掲載されていますので、

お近くの書店等で見かけた際は、

ぜひぜひ パラパラっと見てみてくださーーい!